Top Page | Motorcycles | Parts | Event | Media | YouTube | Company | Mail

 

 

 ディテールの違いで見るハーレーの進化

素人目にはすべて同じに見えてしまうかも知れない“ヴィンテージハーレー”ですが、モデルや作られた年代によってそれぞれに個性があります。それは、生産初期のモデルとデビューから10年が経過した年のモデルでは、その年月に応じてさまざまな改良が加えられているためです。またその違いも、細かく見ていけば非常に多岐にわたるのですが、今回は旧車ビギナーの方にもわかりやすい、見た目の違いをご紹介します。
※このページは月刊クラブハーレー2012年5月号の記事を一部加筆修正したものです。

上:'36年、しかも初期生産モデルのみ、エンジンのヘッドカバーのナットが丸く、カムカバーの形状も異なります。
右:フォーク前方に備えられたスチールプレートがダンパー。ハンドル部分を回して締め込むことでスプリングの動きを抑える強さが調整できるようになっています。

速度計は'36年モデルのみ100マイル表示でした。
メーターダッシュは“スカルダッシュ“と呼ばれるタイプ。

直線的なスリットのシフトゲートを採用していました。
ステップボードは長方形です。
テールランプは丸い小ぶりなモノ。

 

上:エンジンのヘッドカバーのナットは'36年の後期モデルから六角形、カムカバーは'40年後期モデルからリブの入ったデザインになり、'41年モデルからはリブに対して斜めのラインが入れられたような、写真のタイプになっています。
右:'46年の後期生産モデルから、フロントフォークのダンパーが油圧タイプに変更されました。
メーターダッシュは'39年から“キャッツアイ“に変更されました。
'シフトゲートは階段状のスリットになっています。
三日月形状のフットボードは'40年から採用されました。
'39~'46年モデルの特徴である“ビーハイブ”テール。
 

上:'48年から登場したパンヘッド。この年のモデルだけヘッドカバーが鉄にクロームしたものとステンレスの2種類がありました。
右:エンジンの変更に伴い、フレームのダウンチューブ形状が変更されています。 

'47年モデルからそのランプの数から“2ライトダッシュ“と呼ばれるタイプになりました。
シフトが手前に引いて1速、その後は前方へ押し込んでシフトアップするパターンになりました。
フットボードはハーフムーンタイプ。
“ツームストーン”と呼ばれるテールランプも'47年モデルからの採用です
  CLUB HARLEY 公式ウェブサイト
  CLUB HARLEY WEB はこちらから→

Copyright 2000-2016 SEMBA Co.,Ltd. All Right Reserved
内容の無断転載を禁じます。 記載される社名、商品名は各社の商登録商標または商標です。