Top Page | Motorcycles | Parts | Event | Media | YouTube | Company | Mail

 

 

 約70年の歳月をかけた迫力の経年変化。

ツヤのないブルーが個性的なナックルヘッド。その各部に表れた無数のサビ、かすれた塗装など、その経年変化が何ともいえない味を醸し出している38年式のELです。単純に考えても74年前に造られたオートバイ。これだけ欠品がまったくない状態であれば、普通ならレストアされてしまいそうなものですが、ほとんどがオリジナルのままを維持しています。
とりわけナックルヘッドのような“超”ヴィンテージ車は、オリジナルであること自体が、尊ばれるようになってきています。'30年代のバイクならではのヤレ具合。もちろんしっかりと走れるコンディションで機関も極上です。
70年以上も前のバイクであれば、放置期間が長ければ再生すら不可能なほどサビが進行してしまうこともありますが、この車両はそれなりに乗り込まれながらも、キレイな状態を保っており、いかに前のオーナーが大切にしていたかが窺えます。
何気ない部品の表情から、自分の愛車がどんな風に年月を重ねてきたのかが想像できる。それもまさしくヴィンテージハーレーの楽しみの一つなのです。

   

ホイールやヘッドライトのリムには、当時盛んに行われていたというカドミウムプレーティング仕上げが施されています。クロムメッキとはひと味違う独特な質感が特徴ですが、毒性が強いため、現在はほとんど見られなくなった金属処理の技術だそうです。

 
←各部を見ればサビはあるものの、この車両が70年以上も前に生産されたことを考えれば、コンディションはかなりいいと言えるでしょう。レザーのサドルシートや金属表面の経年変化でさえも“美しい”といえるナックル。まさに極上モノです。
 

     
ドクロのような形状から“スカルダッシュ”と呼ばれるメーター。このタイプが装備されていたのは'38年モデルが最後です。
 
  角型のフットボードは'39年モデルまで採用されました。これ以降はお馴染み(!?)の三日月のようなフットボードに変更されます。
 
  経年変化により全体的にツヤが退いていますが、これが独特な味を醸し出しています。フューエルキャップなどはブラック仕上げです。
 
  ドライヤーに似た形のエアクリーナーを装備。また、つるっとした造形のカムカバーは'37~'40初期モデルに採用されていました。
 
     
サドルシートのレザーはご覧のように硬化しているものの、割れてしまったり、はがれてしまうことなくキレイな状態で残っています。  
エキパイのちょうど後ろに装備されている丸い部品がブレーキスイッチです。'36~'38年まで採用されたもので、かなり大きいです。
  '38年モデルまで、小ぶりな丸型テールライトを採用。フェンダーのバンパーは当時の社外品で人気のあったNATION製です。   '30年代のナックルの特徴でもある“フラッシュゴードン”マフラー。'41年から形状の違うサイレンサーに変更されました。
             
  CLUB HARLEY 公式ウェブサイト
  CLUB HARLEY WEB はこちらから→

Copyright 2000-2016 SEMBA Co.,Ltd. All Right Reserved
内容の無断転載を禁じます。 記載される社名、商品名は各社の商登録商標または商標です。